何もないところに指をさす (Point at nothing) KURIO

  • 何もないところに指をさす (Point at nothing)

僕の働いている所によく来てくれる仲良しのおばあちゃんがいます。おばあちゃんの旦那さんは認知症でした。おばあちゃんはよく、介護の大変さを僕に話しました。ある日、テレビを見て居た旦那さんは、嫌いな政治家がテレビに出て居たため、急に怒り出したので、おばあちゃんは咄嗟にテレビを消しました。しかし、おじいちゃんの頭の中ではまだテレビは再生されていたようで、何も映ってないはずのテレビに飲んで居た牛乳をかけ、テレビに向かって指をさして怒りつづけたといいます。そのおばあちゃんは、介護の大変さだけではなく、毎日少しずつ色々なことを忘れて行ってしまう旦那様との素敵な想い出も聞かせくれました。おじいちゃんの失っていく記憶や、おばあちゃんが話す旦那さんとの想い出、認知症により起きる幻覚。などの話を聞いて人の中に残った記憶が消え去る前の瞬間を自分なりに可視化しました。

There is an old lady who often comes to the place where I work.
The old lady's husband was dementia.
She often told me how difficult it was to take care of her husband.
One day, her husband was watching TV. He suddenly got angry because a disliked politician was on TV, so the grandmother turned it off.
However, it seems that the television was still being played in his head, and he threw the milk on the TV, which should not be showing anything, and kept his anger by pointing his finger at the TV.
The old lady told me not only the difficulty of nursing but also her wonderful memories with her husband who forgot a lot of things every day.
I listened to the story of the old lady's memory and hallucinations caused by dementia, and I visualized the moment before people's memory disappeared.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
615mm × 25mm × 725mm
重さ
3.05kg
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

KURIO

北海道出身。
小学生の頃から勉強が苦手で、更に落ち着きがなかった僕に母や教師は僕をしっかりさせるために、このままじゃ次の学年に上がれないよと冗談混じりで話をしました。しかし、僕は本気で義務教育もそのような制度で、不出来なものは、ずっとその学年に居座らないといけないと思っており、今仲良しの友達とは一緒に卒業は出来ないのだと、本気で思っていました。小学校だけでも6年間あり、それを終えても更に中学校3年間がある。それは僕にとって果てしなく、蟻地獄の中にいるような気分でした。そんな勉強に対しては超がつくほど苦手意識を持っていた僕は、授業中に妄想をし、常にノートに落書きを書いていました。きっとそれは、現実逃避としてやり始めたものだったのでしょうが、今では妄想癖は完全に僕に染み込んでいます。現在は妄想や見間違いなどを元にコラージュ作品、写真、映像作品などを、手掛ける。

Born in Hokkaido. My mother and teacher told me in a joke that I couldn't go up to the next grade if I hadn't been able to study since I was in elementary school.
However, I took those jokes seriously and thought that students who were not good at compulsory education had to stay in the school year, so I thought that I could not graduate with my friends. There are 6 years of elementary school and 3 years of junior high school.
It felt like I was in an endless ant hell for me. I had an overwhelming consciousness in studying, so I had a delusion during class and always wrote doodles on my notebook. It may have started as an escape, but now the delusion is completely part of me. Currently, producing collage works, photos and video works based on my delusions and misunderstandings.

他作品はこちらから購入できます