なぎづち 宮下サトシ

  • なぎづち
  • なぎづち
  • なぎづち

・器仏尊廻ジャンク品の型取りや、リサイクルショップの陶器などを再焼成し、作品化する。

・水と器
水面の緊張感
常に流動している水と、変化せず、それを治めるための器の関係性
器は動くものが入る依代であり、水を治める堤防でもある。
炎を灯し続ける五輪の聖火、新しい希望のようなこと⇄水を灯し続けること、静かに自身を見つめるようなこと
忘れたころに水が減っていたら、溢れないように注ぎ続ける。

・器仏尊廻
Junk products and pottery from recycle shops are refired to create works.

・ Water and vessel
Water tension.
The relationship between the constantly flowing water and the vessel that governs it.
The vessel is 依代:yorishiro (an object representative of a divine spirit) for moving objects and a dike that governs the water.

Torch of the Olympics that keeps lighting the flame. Things like new hope⇄Continue to light the water. Quietly staring at yourself.
If the water is low when you forget, keep pouring so as not to overflow.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
110mm × 100mm × 330mm
重さ
1.35kg
カテゴリー
陶器
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

宮下サトシ

陶芸家⇆美術家
陶芸家として活動する一方で、現代美術と陶芸の領域を横断する制作を展開。
2018年 黒瀬陽平氏と出会い、以降カオス*ラウンジの企画に参加。
近年では、量産された既製品の陶磁器・ジャンク品を型取りした陶磁を組み合わせ、再焼成・上書き保存する行為を「器仏尊廻」と命名し、このシリーズを中心に発表。
キッチュな手法と作風に対し、陶器のもつ依代としての機能・宗教的儀礼もテーマとし、「欲望と祈りの陶芸」を実践している。

Ceramic artist / Artist.
While working as a potter, he developed works that cross the field of contemporary art and pottery.
In 2018, he met Mr. Yohei Kurose and participated in the planning of the Chaos * Lounge.
In recent years, the act of combining fired ceramics made from mass-produced ready-made ceramics and junk products and re-baking and overwriting them was named “器仏尊廻” and presented mainly in this series.
Against kitsch techniques and styles, the pottery functions and religious rituals are also the themes of his works, and he practices “Pottery of Desire and Prayer”.

他作品はこちらから購入できます