Momentary Sickboy

  • Momentary

日本滞在時に制作した東京からインスピレーションを受けた作品です。消費主義を彼の視点から批判した作品です。

This work was inspired by Tokyo and was produced during his stay in Japan. This work criticizes consumerism from his point of view.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
419mm × 20mm × 295mm
重さ
0.35kg
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

Sickboy

Sickboyは1980年産まれ、イギリスのブリストル出身のストリートアーティスト。寺院を模したロゴと”Save the
Youth”をスローガンにしていることでも知られてます。また、Sickboyはイギリスで最初にタグの代わりにロゴを使っ
たグラフィティアーティストの一人と言われています。
悪名高いブリストルのグラフィティシーンの中からSickboyは現れ、彼の作品はイギリスのストリートムーブメントの中で彼の存在を確固たるものにし、世界的にも知られています。彼の作品は進化を続け、彼は全く新しいタギングの方法を発案したことにより、大きな影響をストリートシーンに残しています。
Sickboyの作品はイギリスの国営放送BBC、インディペンデント紙をはじめ国内外様々なメディアで特集され、Banksy(バンクシー)の映画Exis ThroughThe Cnady Shopにも彼の作品は登場します。

Sickboy was born in 1980 and is a street artist from Bristol, England. It is also known for its slogan of “Save the Youth”, a logo imitating a temple. Sickboy is said to be one of the first graffiti artists in the UK to use a logo instead of a tag.
Sickboy emerges from the infamous Bristol graffiti scene, and his work has solidified his presence in the UK street movement and is known worldwide. His work has continued to evolve and he has left a big impact on the street scene by coming up with a whole new way of tagging.
Sickboy's work has been featured in various media in Japan and abroad, including the British national broadcast BBC, independent newspapers, and his work will also appear in the Banksy movie Exit Through The Gift Shop.

他作品はこちらから購入できます