WAVE 023 坂本一樹

  • WAVE  023

2019年制作‘墨‘には魅力がある。一本の墨で淡から濃まで何十色もの色を感じさせることが出来る。墨は煙の粒子を膠で固めたものだ。気持ちを落ち着けゆっくりと硯で磨りおろす。煙の粒子が水中で漂う。たっぷりの水に溶かされた煙の粒子は筆で運ばれ水彩紙に定着してゆく。墨色を重ねて描いてゆく宇宙のリズムや生命の輝き。私が絵画で表現したいのは森羅万象への讃歌だ。墨の波長と僕の波長が重なった時ひとつの歌が生まれることを期待している。

Produced in 2019. 'Ink' is attractive. Dozens of colors from light to dark can be felt with a single ink. Ink is glued smoke particles.
Calm down and polish slowly. Smoke particles drift in the water.
Smoke particles dissolved in plenty of water are carried with a brush and settled on watercolor paper. The rhythm of the universe and the radiance of life, drawn in layers of ink. What I want to express in painting is a hymn to all creation in nature.
I hope that a single song will be born when the wavelength of ink and my wavelength overlap.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
525mm × 50mm × 525mm
重さ
3.15kg
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

坂本一樹

岐阜県出身
1991年多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業
2005年より千葉県南房総市在住

自宅兼アトリエのある南房総市は海、山、田畑に囲まれた自然豊かな所だ。季節の移り変わりによる植物の成長と変化を観察することや、沢山の種類の野鳥のさえずりを聞くこと、虫たちの声を聞いたりその不思議で可愛らしい姿形を愛でること、狸やムジナ、猪、フクロウ等の野生動物を見たり気配を感じたりすることを無上の喜びとしている。今はこの環境に暮らし、作品づくりをすることが生活である。

Born in Gifu Prefecture.
Graduated from Tama Art University, Department of Japanese Painting in 1991.
Lives in Minamiboso City, Chiba Prefecture since 2005.
Minamiboso City, home and atelier, is a place rich in nature surrounded by the sea, mountains, and fields.
He observes the growth and change of plants as the season changing, listens to the singing of many kinds of wild birds and insects and loves the mysterious and cute figure. It is a pleasure for him to see and feel wild animals such as racoons, badgers, boars, and owls. Now living in this environment and making works.

他作品はこちらから購入できます