TRANSPOSE:3 Akari Uragami

  • TRANSPOSE:3

動的平衡の考え方に着想を得て、細胞、原子、同じものの集合体で構成されている根源的な人間と、それとはまた別の次元で見た文化的、社会的な人間、それらが構成している社会は同時に事実として存在し、絡まり合いながらも二面性として決して混ざり合わず絶えず流れて続けていると考えた。作品は絡まり合う二つの流れの見えない動きのように風や湿度、時間の経過で微細に動いたり伸縮したりする。

Inspired by the idea of dynamic equilibrium. A fundamental human being composed of cells and atoms, a cultural and social human being seen from a different perspective and the society that they constitute exist as a fact. Although they were intertwined, they are never mixed as a two-sidedness and continue to flow constantly.
The work moves and stretches finely over time, like wind, humidity, and time, like an invisible movement of two intertwined flows.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
220mm × 100mm × 2800mm
重さ
1.85kg
カテゴリー
彫刻・立体
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

Akari Uragami

東京生まれ東京育ち。武蔵野美術大学でテキスタイルを専攻し、卒業後国内外で活動している。
アノニマスな肉体を主題に、それらが混ざり合い作り出す環境などを表現した立体、絵画、インスタレーション等を展開している。
色彩や内面的、外面的皮膚としての布、肉体の柔らかさなど最低限の記号性を再構築し、生物的、文化的存在としての人間の抽象的表現を試みる。
近年ではマンチェスターやMustard Hotel Shibuyaでのアーティストインレジデンスなど各地で壁画の制作も展開している。

Born and raised in Tokyo. She majored in textiles at Musashino Art University and has been active in Japan and abroad after graduation.
With the theme of the anonymous body, she develops three-dimensional objects, paintings, and installations that express the environment created by mixing them.
Reconstruct the minimal symbolism such as color, cloth as the inner and the outer skin, softness of the body, and try to abstract human expression as biological and cultural existence.
In recent years, mural paintings have been developed in various places including Manchester and Artist-in-Residence at Mustard Hotel Shibuya.

他作品はこちらから購入できます