Rhythm-mon 髙屋 佳乃子

  • Rhythm-mon

インドネシアに移り住んでから、初対面の人によく聞かれるのは、あなたの宗教は何ですか?という質問。初めてその質問をされた時私は自分の宗教を知らず、母に電話をして聞いたものです。

同じ国でもイスラム、クリスチャン、ヒンドゥー、仏教、と別れ習慣や行事もそれぞれ違います。
同じ宗教じゃないとお互い愛し合っていても結婚出来ないと聞いた時はかなりの衝撃を受けました。

日本で過ごしていた時は意識した事もなかった事柄がインドネシアの人々にとっては人生の大きな問題。
そのギャップに今だに違和感を感じます。
宗教だけではなく、様々な島が混合するインドネシアはどの島の部族か、学歴、などもよく聞かれます。
あなたは誰で、どこから来てどのカテゴリーに所属しているか、、、

そこで日本の家紋を思い出しました。
植物、動物、記号を組み合わせて創られたシンボルを見ただけでどこの家系かを見分ける。
日本人であれば一家族に一つ紋を持っています。
その家紋で表情をつくり、今回マスクにしてみました。

家紋で顔を隠すマスク。
会ってすぐ"あなたは誰で、どこから来てどのカテゴリーに所属しているか、、、"
を聞かれるならばみんな家紋マスクを被ればいい。

After moving to Indonesia, people who meet me for the first time often ask me "What is your religion?"
When I asked that question for the first time, I didn't know my religion and asked my mother by phone.

Even in the same country, it is divided into Islam, Christianity, Hinduism, and Buddhism, and customs and events are also different.
I was shocked when I heard that they couldn't get married even if they loved each other if they were not in the same religion.

Things that I never knew when I was in Japan are a big problem for Indonesian people.
I still feel uncomfortable in that gap.
In Indonesia where various islands are mixed, not only religion but also tribe and academic background are important identities.
Who are you and where are you from and in which category?


So I remembered a Japanese family crest.
Just by looking at the symbol created by combining plants, animals and symbols, you can tell where your family is.
If you are a Japanese, you have one crest per family.
I made an expression with the family crest and used it as a mask.

Mask that hides the face with a family crest.
If you are asked who you are, where you come from, and which category you belong to, you can wear a family crest mask.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
1930mm × × 1000mm
重さ
1.70kg
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

髙屋 佳乃子

出身地:日本 京都府
現在はバリ島を拠点に活動する、ビジュアル アーティスト。
母親のライフワークにより幼いころからインドネシアの民芸やバティックに慣れ親しみながら育つ。
京都精華大学ビジュアルデザイン学科を卒業後、2016年にインドネシア・ソロにある’’National University of the Arts Surakarta (ISI)” にて芸術を学ぶ。
ドローイングのみならず、壁画、ろうけつ染め、陶芸、立体作品などを制作している。又、ジャワ島で伝統仮面作りを学び、後に自身でもいくつかの仮面を制作している。現在はバリ島アパレルショップ「ピテカントロプス」において、自身のアートワーク を施すブランド「Kanokon」を展開している。

Kanoko Takaya
Hometown: Kyoto, Japan
Currently a visual artist based in Bali.
Growing up with familiarity with Indonesian folk arts and batik from an early age due to the mother's life work.
After graduating from Kyoto Seika University Visual Design Department, he studied art in 2016 at the “National University of the Arts Surakarta (ISI)” in Solo Indonesia.

In addition to drawing, she produces murals, batik, ceramics, and three-dimensional works. She also studied traditional mask making on Java Island and later made several masks herself. Currently, she is developing her brand “Kanokon” at Bali Apparel Shop “Pitekantropus.”

他作品はこちらから購入できます