WALL (camouflage) 横山隆平

  • WALL (camouflage)

本作は、街区の壁に描かれたストリートグラフィティの存在の在り方そのものを解体し、その様々な状態や状況、環境、メディウムを混在させるため、印刷方法と紙を作業の度に変更しながら再構築し、写真に落とし込んだ作品である。これまでずっと敬遠し続けてきたデジタルカメラを使用した初めての製作だったが、それでも最終的には、解体と再構築という考察過程を経たことが僕の中でブリッジとして機能し、デジタルという不確かな存在のための実質的な作業も含め或いはフィルムよりアナログともいえるものとなった。写真作品WALLより派生したcamouflageは最終的にインクの凹凸表現が可能な特殊なプリンターを使用し、アルミニウム版に直接印刷を行った。観る角度によって迷彩柄が浮き上がるようになっている。
This work dismantles the existence of street graffiti on the wall of the block and reconstructs it while changing the printing method and paper each time, in order to mix its various situations, environments, and media. It is a work made them into a photograph.

Although it was the first production using a digital camera that I have kept away from, the process of disassembling and restructuring worked as a bridge. Including the substantive work for the uncertain existence of digital, it became more analog than film.

The camouflage derived from the photo work WALL was printed directly on the aluminum plate using a special printer that can finally express the unevenness of the ink. The camouflage pattern is raised depending on the viewing angle.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
864mm × 30mm × 1210mm
重さ
6.50kg
カテゴリー
写真
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

横山隆平

写真家。“都市とは何か”をテーマとし、モノクロフィルムによるストリートスナップを中心に作品を展開。流動する都市の姿を、視点やアプローチを変えながら制作を行う。主な作品集に「酔っぱらったピアノ弾きのようなやりかたでシャッターを押せ」、「風に転がる紙屑に書かれたような美しい、光と踊るネズミのグラフィティ史」等がある。2016年写真家・内倉真一郎と共にゲリラ展示プロジェクトPIS/ピス(Photograph in the street)をスタート。近年の展示にグラフィティをテーマとした「WALL」(京都 元・淳風小学校 KYOTOGRAPHIE サテライトイベントKG+ 2019)がある。国内外で作品を発表、2019年にはパリでの初展示も行われた。

Photographer. With a theme of "what is a city," he develops his works focusing on street snaps using monochrome film. Produce photographs of a flowing city, changing viewpoints and approaches. Major works include "Press the shutter like a drunk piano player" and "Beautiful history of rat graffiti dancing with light as written on paper scraps rolling in the wind." In 2016, he started the guerrilla exhibition project PIS / Photograph in the street with photographer Shinichiro Uchikura. One of the recent exhibition is "WALL" with the theme of graffiti (Kyoto Graphie Satellite Event KG + 2019). His work has been presented both in Japan and abroad, and in 2019 his first exhibition was held in Paris.

他作品はこちらから購入できます