火男2 坂爪康太郎

  • 火男2

この作品のモチーフはひょっとこの仮面です。ひょっとこは祭事ではフール(道化)を演じます。また、ひょっとこのルーツは竃の火を竹筒で吹く男やたたら製鉄従事者だという説があります。僕はひょっとこが好きなのですが、それは彼らの歪んだ目や口が、大衆に嘯きトボけて笑われる造形であるのと同時に、創造を司る炎と格闘する表情だからかもしれません。陶芸家としてその態度はただただリスペクトの対象であり、自分の理想の姿と重ねるようにつくりました。
The motif of this work is the Hyottoko mask. Hyottoko plays fools at festivals. In addition, there is a theory that this root is a man who blows a fire of firewood with a bamboo tube or a steelworker.
I like Hyottoko. Hyottoko's distorted eyes and mouth are sculptures that are laughed by the masses, but at the same time, it may be because Hyottoko has an expression of struggling with the flames of creation. As a potter, I respect Hyottoko's attitude and made to overlap with my ideal figure.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
400mm × 300mm × 450mm
重さ
10kg
カテゴリー
陶器
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

坂爪康太郎

"1988年東京生まれのアーティスト / 陶芸家。
現実/非現実を行き来する手段をテーマに作品を制作。代表作に仮面シリーズなど。成形の道具に過ぎないろくろを「現象に触れる装置」として捉え、そこから想起されるイメージを作品にしている。

Artist / ceramic artist born in Tokyo in 1988.
Created works with the theme of the way to go back and forth between reality and non-reality. Representative works include mask series.
I consider the spinning lathe that is merely tools to create shapes of pottery as ""devices that touch phenomena,"" and create images that are recalled from them.
"

他作品はこちらから購入できます