Cinderella lamp studioBOWL / 村上諒平

  • Cinderella lamp

今作はTrue value projectという既製品を使ったプロジェクト内のシリーズで砥石で出来た台座のベースランプと、それに被せるガラス製品のコラージュでできたシェードの組み合わせからできています。
ガラス同士は特殊な接着材で接合されており、単体でオブジェとしても、ベースランプの上に乗せてシェードランプとしても使用できます。

ほとんどのガラス製品を棚奥に埋もれたようなリサイクル品からセレクトしており、
そこから和名では灰かぶり姫と読み、ガラスのイメージも併せて伝えられるCinderella (シンデレラ)のタイトルをつけています。

“True value” project

ものがデザインされた意図や、役割のために付随した構造、機構を度外視し、
ひたすらにものを表層的に見つめて、形状や色(塗装も含む)、素材やテクスチャなどといった
そのもののハードとしての本質的な部分を抽出し、新たな可能性を持った素材として置換する。

それらを新たに組み合わせることで、
本来の市場価値とは異なった価値を再提案するプロジェクト。

転じて、流行や広告に流されず美しさ、好きの基準を自分の中に持とうというメッセージを含んだプロジェクトでもある。
既製品の価値を再定義する今シリーズのタイトルはアメリカの大手量販店“True Value ”からやや皮肉とともに引用したもの。

また、身近な日用品やリサイクル品をラグジュアリーなビジュアルに転換させることで、
ただのリメイク(用途転換)ではない、共感性の高いシンデレラストーリー的な美しい変身劇としてビフォアーアフターを強調して演出している。


This work is made up of a combination of a base lamp made of whetstone and shade made of a collage of glass products on a series in True value project which is a project that uses existing products.
The glass is bonded with a special adhesive, and this work can be put as an object and also as a table lamp on the lighting base.

Most glass products are selected from recycled products that are left in the back of the shelf. The title called Haikaburihime (Ashputtel) in Japanese tries to convey the image of Cinderella as well.

“True value” project

Instead of looking at the intention that the object was designed and the structure attached for the role, staring at the surface to extract the essential parts of the object itself as hardware such as shape, color (including paint), material, texture and so on, and replacing as a material with new possibilities.

By combining those object, the project re-proposes a value different from the original market value.

This project also asking a question to the viewer that if there are the standards of their own beauty and taste without being obsessed with fashion and advertising or not.

The title of this series, which redefines the value of ready-made products, is quoted with irony from a famous American mass retailer, "True Value."

In addition, by converting familiar daily items and recycled products into luxury visuals, it is emphasized as a beautiful Cinderella story-like transformation that is not just a remake.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
- × × -
重さ
5.05
カテゴリー
彫刻・立体
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

studioBOWL / 村上諒平

2012年武蔵野美術大学油絵学科油画専攻卒業後、2013年よりstudioBOWL名義での活動を開始しました。

現在、インテリアアーティストとして店舗内装、什器造作、企業オフィスへのアートワーク提供、ウインドウディスプレイなど空間に関するプロジェクトを多岐に渡り行なっています。

コンセプト
“見たことのあるもので見たことのない、シンボリックなビジュアルを”

Creative symbolic visuals you've never seen using something you've seen.


After graduating from Musashino Art University, Department of Oil Painting in 2012, he started activities under the name studioBOWL from 2013.
He works as an interior artist an involves in a wide range of projects related to space design such as store interiors, fixtures, artworks for corporate offices, window displays and so on.

Concept
"Creative symbolic visuals you've never seen using something you've seen."

他作品はこちらから購入できます