tie no.4 桑園 創

  • tie no.4

知人の証明写真を一度ピクセルにおこし、引き延ばすことで、各ピクセルごとに空白をつくりドット状に描いたものです。一見格子状の色面が、目で統合されることにより、人物に見える知覚の構造に自己の在り方を重ね合わせています。
普段私たちが私と呼んでいる存在は流動的で、か弱いものです。
私の身体は60-80兆の細胞の集まりで、他でもなく他者を摂取することで、身体を維持しています。
親から受け継いだ遺伝子を引き継ぎ、私とは周囲の環境や人々、思想、歴史、外的なもの全てに由来します。

そうした、他者の集まりが壊れることなく統合されている状態を私と呼び、私を維持すべく他者を必要とします。
ドットの集合体が、鑑賞者(他者)の目により人物のイメージを生成すること。つまりは作品、および我々が他者の知覚により存在を呼び起こされていること。

自己の脆さや、不確証さ、実存のための他者の必要性を、ささやかに提示するものあることを願います。

This work is drawn in dots by converting his friend's ID photo into a pixel and stretching it to make blank space in each pixel.
The grid-like color surface is integrated with eyes to make it look like a person. I superimposed the presence of self on the perceptual structure of the human.
The existence that we usually call "me" is fluid and weak. Our body is a collection of 60-80 trillion cells that maintain the body by ingesting others. We inherit the genes inherited from our parents. Ourselves derives from the surrounding environment, people, thoughts, history, and all external things.
Such a state where the gathering of others is integrated without breaking is called "me," and we need the others to maintain us. A collection of dots that creates an image of a person with the eyes of the viewer (others). That is, the work, and people are awakened by the perception of others.
I hope that this work becomes a modest presentation of one's fragility, uncertainties, and the needs of others for existence.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
910mm × 25mm × 1167mm
重さ
2.25kg
カテゴリー
絵画・ドローイング
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

桑園 創

主に平面を中心に作品発表を行っています。
この時代おいて、"身体を有するものとして生きることは希望か"というテーマをもとにポートレート作品を制作しています。

He mainly creates two-dimensional works.
He produces portrait works based on the theme "Is it a hope to live as a human being with a body in this era?"

他作品はこちらから購入できます