サイケなトカゲはサインを狙う 大村洋二朗

  • サイケなトカゲはサインを狙う

大村洋二朗
MEDIA:ペーパークラフト 光沢紙、クリアペット板、木材
YEAR :2020

提出作品の解説
写真を細かな面取り状に組み合わせることで立体化させる多面化写真彫刻技法を用いて制作しております。
サイケデリックなイメージのペイントとトカゲの表面模様とを重ね合わせて実在することのない大型のトカゲを作り出しました。虫や小動物に見立てた作者のサインを後ろを振り返ったトカゲが狙っている様子を表現しております。足先の一部を台紙の平面部に残し、その延長線上に本体がつながる構造となっております。
彫刻作品の特色や作品性を保ちながらも、一般的なお部屋にも飾れるようなポップアートの創造を目指して制作した作品です。

2020年制作
一点物
写真光沢紙、クリアペット板、木材

大きさ
(幅×奥行×高さ)
540mm × 130mm × 600mm
重さ
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

大村洋二朗

滋賀県出身
2001年 京都精華大学 美術学部 立体造形専攻卒業
2003年 沖縄県立芸術大学大学院 造形芸術研究科修了

2015年に自身で作成した写真を面取り状に組み上げ、平面と立体の両特性を担保した独自の技法「多面化写真彫刻」を開発する。
2016年ごろよりアートの中でも特になじみ薄いとされる立体・彫刻分野の認知度の向上のため、一般的な家庭でも気軽に飾れるポップな彫刻作品の制作を目指した活動を始める。
現在では楽天市場での作品販売や企業とのコラボレーション作品を手掛けるなど、イメージにとらわれない幅広い活動を続けている。

近年の個展

2019年「紙生物展」森×hakoギャラリー 広島県福山市
2019年「紙なる生物たち」Gallery黎Begin 京都市
2019年「大村洋二朗展~紙なる生物たち~」エディオン蔦屋家電 広島市

主な受賞歴

2015年「第25回紙わざ大賞」大賞
2016年「紙のアートフェスティバル」特別賞
2017年「大黒屋現代アート入賞作品展」入選
2017年「全関西美術展」第一席
2019年「第14回タグボートアワード」入選