Mint in box 古賀学

  • Mint in box

古賀学
MEDIA:クリスタルプリント(額装部分)、マットラミネートUVインクジェットプリント(パッケージ部分)、木、ガラス
YEAR :2020

提出作品の解説
フィギュアを未開封の箱のまま飾るという文化があって、新品未開封状態のことを「ミントインボックス」といいます。女性ポートレートをグラフィックデザインに組み込むことで、写真の表面とパッケージの窓を同一化させました。カメラの視点と鑑賞者の視点も同一化させ(カメラの存在感をなくし)、箱の中に立体物のフィギュアがあるような存在感を実現しました。もちろんこのパッケージは開封できません。
水中の美女を撮影して「水中ニーソ」というシリーズ作品を制作しています。「Mint in box」は水中撮影ではありませんが「水中ニーソ」に登場する水着とダイビング器材を題材にした作品です。

タイトル:Mint in box
サイズ:262 × 313 × 48 mm
制作年:2020
クリスタルプリント(額装部分)、マットラミネートUVインクジェットプリント(パッケージ部分)、木、ガラス

大きさ
(幅×奥行×高さ)
262mm × 48mm × 313mm
重さ
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

古賀学

アーティスト/デザイナー。1972年、長崎県佐世保市生まれ。1993年よりペッパーショップとして活動開始。以後、グラフィックデザイン、エディトリアル、VJ、MV制作などを経て、2013年より「水中ニーソ」シリーズを展開。
映画「ヘルタースケルター」水中撮影、菊地成孔(DCPRG)、さよならポニーテール、アーバンギャルドのMV制作。「ガンダムビルド〜」シリーズタイトルロゴ、「仮面ライダー(ダブル、オーズ、フォーゼ)」CDジャケット、「ガンダム占い」「コミック・キュー」アートディレクション、田中圭一、トニーたけざき、江口寿史などの装丁を手がける。

2017年 企画展「ラブラブショー2」青森県立美術館(青森)
2019年 個展「南無阿弥陀佛」浄土宗龍岸寺(京都)
2019年 企画展「美少女の美術史」北師美術館(台北)
2020年 個展「Buoyancy」CLEAR GALLERY TOKYO(東京)