作品としての、非接触記憶媒体/スプーン&フォーク 青沼優介

  • 作品としての、非接触記憶媒体/スプーン&フォーク
  • 作品としての、非接触記憶媒体/スプーン&フォーク

青沼優介
MEDIA:アクリル / 蒲公英の種子、綿毛 / ステンレス / 真鍮 / 調湿板
YEAR :2020

提出作品の解説
COVID-19感染拡大による緊急事態宣言(2020年4月から5月)の中で始めた作品シリーズ「作品としての、記憶媒体」。日用品に綿毛を植えて作品化することで、コロナ禍の記憶をかたちに残すプロジェクト。綿毛はウィルスのメタファー、あるいはものの持つ記憶を守る繭のような存在感で、美しく日用品を包み込む。普段身につけているもの、日用品、思い入れのあるもの、コロナ禍において特別な存在だったものなどに綿毛を植え、作品として昇華した。

大きさ
(幅×奥行×高さ)
290mm × 150mm × 150mm
重さ
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

青沼優介

武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科を卒業後、東京藝術大学美術学部デザイン専攻を修了。店舗設計、展示空間、グラフィックなど、ジャンルを問わずデザイン活動を続ける傍、アーティストとしてたんぽぽの綿毛を使ったインスタレーション「息を立てる/都市を植える」で2018年東京ミッドタウンアートアワードのグランプリを受賞。現在は、東京藝術大学美術学部デザイン科において非常勤講師を務める。