inside 高田 光

  • inside

外に書かれた暴力的な(フレームを無視した)落書きは、内側から眺める時、教会の窓際で輝くステンドグラスのように神秘のベールをまとう。一枚の物質、ガラスや透明樹脂につきまとう二面性、内と外は、対極であり価値も対極であることが多く、
それはオブジェクトでもある落書きにも共通していえ、性悪であるものが室内に持ち込まれる時、それは身を転じて性善となる。
この作品はそういった存在の価値の転換を可視化する一つの道具として機能します。

The violent graffiti (ignoring the frame) written outside wears a mysterious veil like a stained glass that shines by the window of the church when viewed from the inside.
A piece of material and duality of glass and transparent resin. The inside and outside are the opposite and its values are often opposite as well. It is common for graffiti, which is also an object. When something that is evil is brought into the room, it turns and becomes good. This work functions as a tool to visualize the change in the value of such existence.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
1230mm × 50mm × 920mm
重さ
2.70kg
カテゴリー
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

高田 光

路上を歩き周り都市と落書きの関係性を研究しています。
その研究に伴い発生する公共空間でのプライベートな身体的経験をもう一度、公共空間に回帰させることで、新たな視点の発見や非断定的な価値を提示できればと思い制作しています。

I am walking on the street and researching the relationship between cities and graffiti.
I am hoping to discover new perspectives and present unconclusive values by returning private physical experiences in public spaces to public spaces once again.

他作品はこちらから購入できます