write/remove 15 新村葉月

  • write/remove 15

素材:鉄板、ペンキ、ラッカースプレー、粘着テープ制作年:2019年
街の壁の表面で展開される、自然環境や人々の行為によって生み出される無意識のリズム、コンポジション、色彩などをモチーフとしている。支持体として錆びさせた鉄板を用い、制作過程で日光や雨風に晒すことで、経年変化と偶発性を意図的に取り込んでいる。
「write/remove」シリーズでは、書くこと/消すことの狭間で生み出される色彩や形態のリズムを意識して制作した。
※作品の性質上、時間の経過によって鉄錆の侵食が進み、変色や変質する可能性があります。その点をご理解頂き作品の経年変化をお楽しみ頂ける方のご購入をお願いしております。

Material: Iron plate, paint, lacquer spray, adhesive tape / Production year: 2019
The motif is the unconscious rhythm, composition, and color created by the natural environment and people's actions, which are developed on the surface of the city walls.
By using a rusted iron plate as support and exposing it to sunlight and rain and wind during the production process, it has intentionally incorporated aging and randomness.
In the “write / remove” series, I was conscious of the rhythms of colors and forms created between writing and erasing.
* Due to the nature of the work, the erosion of iron rust progresses over time, which may cause discoloration and alteration. I ask for the purchase of those who understand that point and can enjoy the aging of the work.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
530mm × 27mm × 650mm
重さ
2.50kg
カテゴリー
絵画・ドローイング
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

新村葉月

様々な事象が目まぐるしく移り変わる街の中では、個人のライフスタイルや感情までもが否応無しに変化していく。そのような中でも、「今ここ」で起こっていることや自分の感情、その他様々な事象を直視し変化を認識すること。そこから得られる新たな見地があるように思う。街を活動の場とし、移り変わる風景を拾い集め、真正面から見つめることから、表現を展開したいと考えている。
2013年頃より作家活動を開始。大阪を拠点とし、個展やグループ展、アートイベント等にも多数参加している。今年開催されたアンデパンダン展においては、大阪の街中を鉄板を曳いて歩き、その痕跡を提示するパフォーマンス作品を展示するなど、作品の形に囚われず活動の幅を広げていきたいと考えている。

In a city where various events change rapidly, even the individual lifestyle and emotions change unavoidably.
Even under such circumstances, it is necessary to recognize changes by looking directly at what is happening “here and now”, your own emotions, and various other events. I think there is a new point of view from that. I wants to develop his expression by using the city as a place of activity, picking up the changing scenery and staring straight ahead.
Artist activity started in 2013. Based in Osaka, I have participated in many solo and group exhibitions and art events.
At the Independent Exhibition held this year, I would like to expand my range of activities without being bound by the shape of the work, such as walking around the streets of Osaka with iron plates and displaying performance works that show the traces.

他作品はこちらから購入できます