慰めるいぬ 添田奈那

  • 慰めるいぬ

毎日のように起こる不条理な事柄や問題に心が痛みますが、実際はどうすることもできないのではないのかと悲しくなります。一方で、存在するだけでひとびとに癒しを与えるペットの価値は社会にかなり重要な存在だと考えます。ペットは、例えば飼い主が落ち込み泣いている時、慰めるように頬の涙を舐めとってくれることもあります。恐らくペット自身は涙を舐めてみたくなった、ただそれだけでしょうが、お互いが良ければ本意はどうでもいいのです。
I feel so painful about the absurd things and problems that happen every day, but I am sad that I can't really do anything. On the other hand, I believe that the value of pets that heal people just by being present is quite important to society. When the owners are depressed and crying, for example, pets may lick the owners' cheeks for comfort. Perhaps the pets themselves just wanted to lick their tears. However, if they feel good each other, it doesn't matter.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
1040mm × 30mm × 740mm
重さ
2.10kg
カテゴリー
絵画・ドローイング
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

添田奈那

セントラルセイントマーチンズ ファウンデーションコース修了。
アジアにある、枯れた商店街で売るおもちゃやパチモンの商品から影響を受け「チープ」らしさを愛おしく感じるかたわら、様々な理不尽な事柄に憤りや悲しみを感じ、それらをテーマに作品を制作している。

Completed the Central Saint Martins Foundation Course.
Inspired by toys and counterfeit products sold in withered shopping streets in Asia, he felt the love of ""cheap"" and also resentment and sadness in various unreasonable things. I create works based on these themes.

他作品はこちらから購入できます