砂、砂漠 MOZYSKEY

  • 砂、砂漠

今までずっとモノクロ(白黒グレーシルバー)の色しか使わずの期間を経て、はじめて色を使いたいと思った時に浮かんだ色です。砂漠、砂の色だと思いました。文字をずっと書いてまして中近東になにか感じるものがあるのだと思いました。
After a period of using only monochrome (black-and-white gray silver) colors until now, it was the color that came up when I first wanted to use colors. I thought it was the color of the desert and sand. I've been writing letters all the time and I thought I have something that is familiar with the Middle East.

大きさ
(幅×奥行×高さ)
725mm × 20mm × 600mm
重さ
1.00kg
カテゴリー
絵画・ドローイング
販売価格
¥ 110,000 円(税込)
  • 送料、梱包料はお客様負担となります。実際の料金はメールにてお知らせいたします。
  • ご購入いただいた商品は2週間以内に到着いたします。海外への発送、海外からの発送は場所によりそれ以上かかる可能性がございます。到着しない場合は お問い合わせフォーム よりご連絡くださいませ。

Profile

MOZYSKEY

MOZYSKEY(モザイスキー/文字図形)は、
90年代から日本におけるグラフィティ・カルチャーの様々なアプローチを東京の水面下から行い、そのミステリアスな作風と、爆発的かつコンパクトな表現方法で活動を続けている気鋭のアーティスト。
2005年、水戸美術館で開催された大規模なグラフィティ展覧会「X-COLOR / グラフィティ in
Japan」や、2010年、森美術館で開催された「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」への”匿名”参加などでも多くの注目を集めた。アルファベット、かな文字、漢字が混在し、可読性を越え、それを由とし刻印する、グラフィティ・ライターの描くタギング(名前やフレーズ、単語などを壁などに描き付けていくこと)を昇華した一連の造形美からは、機能性やシステムへの自由な挑戦と、東京のストリートで培われたセンシブルな魅力が本人そのものの姿として浮かび上がってくる。

MOZYSKEY (Mosaicsky / Character Graphic) has been engaged in various graffiti culture approaches in Japan since the 1990s under the surface of Tokyo, and has been active with its mysterious style and explosive and compact expression methods.
He attracted a lot of attention by participating anonymously in the large-scale graffiti exhibition ""X-COLOR / Graffiti in Japan"" at the Mito Museum in 2005 and ""Roppongi Crossing 2010: Art is possible?"" at the Mori Art Museum in 2010.
A series of modeling beauty that sublimates the tagging (drawing names, phrases, words on the wall) drawn by a graffiti writer that mixes alphabets, kana, and kanji and stamp them beyond legibility.
A free challenge to functionality and systems and the sensual appeal cultivated in the streets of Tokyo emerge as the person himself.

他作品はこちらから購入できます